関節痛のお話

  • 2018.10.19 Friday
  • 14:36

JUGEMテーマ:練馬区

 

「寄る年波には勝てない」などと申します。

それが顕著にあらわれるのが関節痛。

自分では然程、体力的に衰えているとは思いませんし実際に年寄りって年齢でも有りません(^^;

でもギックリ腰から始まって四十肩、膝痛などを経験してきました(今は全て完治してます)

しかし、症状が出た時は結構早いタイミングで病院へ行ってました。

ギックリ腰は立ち上がる事ができない、歩行が困難ですから日常生活に支障をしたしますし四十肩も衣服の着替えがスムーズに出来なかったりポケットのハンカチの出し入れも苦痛なので自然治癒を待ってはいられないのです。

そうは言っても頻繁な通院は仕事に影響するので最低限となってしまいます。

そこで医者に「TVなどで紹介されているヒアルロン酸がどうのこうのやコンドロイチン云々って薬は効果有りますか?」と聞いたところニコっと笑って「それが効いたら整形外科医も高い治療用器具も不要になっちゃいますよ」と言われました。

関節痛は多くの場合、加齢によって骨と骨の間に有る潤滑油(正式名称は知りません)が枯渇して痛みが発生するので、飲み薬で解消される事は考えにくそうです。なぜなら飲んだ薬は胃で消化されてから血液に混ざって体中に送られるわけで、鎮痛成分や治癒成分が患部に届く量はごく微量であり効果があるとは思えないというのが医師の見解でした。

じゃぁ、どうすればいいのかって話ですが、まずは適度な運動をして関節を常に動かす習慣をつける事により関節痛にならない体作りをする事が寛容なようですが、いざなってしまったら症状に合わせて温湿布or冷湿布を貼りながらリハビリするのが最も早く治るようです。実際、私もそうして治癒させました。

 

TVのCMで「効果には個人差があります」ってテロップの通り、本当に薬で効いてしまう人もいるかもしれないので一概に飲み薬を全否定はしませんが私の知り合いや仲間内で薬を飲んで治した人は1人もいません。

家にいながら通販で薬を買って適量飲んでるだけで治るなんて思わず、面倒でも病院へ行ってリハビリした方が良さそうですよ!

 

今日は30代後半以上の方を対象にしたブログになってしまいましたが、若い方もご自分の親や会社の上司、先輩が関節痛に悩んでいたら薬だけに頼らず是非一度整形外科へ行ってみるようお勧めしてみて下さい(^^)

 

今日のBGM:Zoot Sims/Goodnight,Sweetheart


にほんブログ村

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM